カテゴリー「パッチワーク・キルト」の記事

2018年8月28日 (火)

錦織選手応援旗

gazo

全米オープンテニスが始まりました。
視聴するためにWOWOWに加入しました。
錦織選手ですが、
マスターズ・モンテカルロ大会の準優勝で怪我から完全復帰と思われましたが、
最近の試合では一回戦、二回戦で敗退、本調子ではないようです。
早く元に戻って欲しいものです。

10月の楽天ジャパンオープンテニスには錦織選手を応援に行く予定です。
チケットも購入しました。
妻が観戦のときの応援旗を作りました。
新聞全紙の大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

絵画キルト展

2017

諏訪湖湖畔の原田泰治美術館を訪ねました。
過去の最優秀賞などの受賞作品が展示されています。
妻の作品も展示されましたので訪ねた次第です。
宿舎は富山の氷見まで足をのばしました。
これも妻のおかげだと思っています。
なれないタブレットからの投稿なので画像の大きさの調整などができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

手作りレザーバッグ

gazo

白内障の手術から、まる四日、大分落ち着いてきました。
1週間は保護眼帯着用、洗顔洗髪も不可と言われていますので、
通院以外は家で静かにしています。
視力も裸眼で1.2、青年に戻ったようです。
治療の効果をこれほど劇的に感じたことはありません。

バッグは妻の作品です。
前からレザーのバッグが欲しかったようですが、
手を出すには勿体ないということで我慢していたようです。
先日、地元の百貨店川越丸広の新聞折り込み広告に北海道物産展の企画があり、
その中のレザーバッグが気に入って、その部分を切り抜いて保存していたほどです。
とうとう、その形を参考にして自分で作ってみることになりました。
先ず、材料の皮探しです。
近くの手芸店などを探してみましたが、適当なものがありません。
結局、東京まで足を伸ばし日暮里繊維街で材料の皮を購入できました。
縫製にも苦労がありました。
縫い合わせるのに、皮に針が通りません。
目打ちで一個一個糸穴をあけて糸を通すことになりました。
苦労した甲斐があったようです。
完成品はまずまずの出来栄えです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

原田泰治美術館 絵画キルト展

gazo

12日、諏訪湖畔の原田泰治美術館にて絵画キルト展が始まりました。
13日は表彰式、家族で訪ねてみました。
まず、美術館前の並木道、見事な紅葉、秋真っ盛りです。


gazo

湖畔の桜、葉が落ちずに、こちらも見事に紅葉しています。

gazo

対岸は光の加減でしょう、くすんだ山肌となっています。
水際にたくさんの消防自動車が写っています。
9-15日は「秋の全国火災予防運動」の期間です。 放水訓練でも行われたのでしょうか。


gazo

本題に入ります。
展示室入口に「第13回絵画キルト展」の紹介記事があります。
審査員はお馴染みの先生方です。


gazo

表彰式の後、慣例の講評があります。
入賞・入選された作品について、
制作者を前に審査員から忌憚のない、しかし優しい講評があります。
この講評のあることが、表彰式に出向く楽しみの一つになっています。
原田先生からは、原画を描かれたときの題材に関するエピソードなど、
小関先生(今回は欠席)、斉藤先生からは、作品を制作する上のヒントなど、
制作された方からは、苦労話など、楽しい話を聞くことができます。
講評時の光景を幾つか掲載してみます。


gazo

gazo

gazo

gazo

最後は家内の作品です。
初めての優秀賞です。


gazo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

お祝いの花

gazo

諏訪市原田泰治美術館主催の「第13回絵画キルト大賞」に、妻の作品が入賞しました。
初めての優秀賞ということで、嬉しさが大きかったのでしょう。
早速二人の姉へ報告していました。

折り返しといっていいぐらいの速さで、お祝いの花が届きました。
優しいお姉さまと素敵な花に感激です。


gazo

gazo

gazo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

絵画キルト大賞

gazo

諏訪湖畔の原田泰治美術館にて、今年も「第13回絵画キルト大賞展」が開催されます。
原田泰治の作品、素朴な絵を丹精込めてキルトで表現するものです。
美術館のページによりますと
開催期間は11月9日~1月15日が予定されています。
昨日、このキルト展へ家内が応募作品を提出してきました。
入選しませんと展示されません。
各1点ですが最優秀賞の賞金は30万円、優秀賞の賞金は20万円です。
家内の作品ですが、入選はありますが、賞金を頂いたことはありません。
入選しますと、表彰式がありますので、また諏訪を訪ねることになります。
何度も応募していますので、上諏訪温泉はもちろん、足の届く範囲の名湯を訪ねて楽しんでいます。
今回は白骨温泉まで足を伸ばしました。

写真は、原田泰治美術館
美術館前からの諏訪湖の風景です。


gazo

gazo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

絵画キルト大賞表彰式

Harada1780209

昨日、諏訪の原田泰治美術館で第12回絵画キルト大賞の表彰式がありました。
応募作品が50点、入賞入選作品30点が展示されています。
従来は原画と作品が並べて展示されましたが、今回は別々にまとめて展示されていました。
表彰式の後、原田泰治先生、小関鈴子審査員による講評、記念撮影などがありました。
原田先生の原画作成時のお話、ユーモラスな講評、
小関審査員からは、上手なお褒めの言葉やキルト作成にかかわるポイント、
そして受賞者の苦労話に、
時折、集まった皆さんから歓声が沸き上がる楽しい講評会でした。


Kohyo1780244

Kanpo1780204

宿舎は湖畔高台のかんぽの宿諏訪、二度目です。
諏訪湖の眺めが素晴らしい宿です。
美術館からのかんぽの宿
かんぽの宿からの原田泰治美術館です。


Harada1780334

宿では、地元の銘酒「真澄」を頂きました。
上諏訪駅前に看板がありました。
こちらには、「信州が生んだ天下の銘酒」とあります。


Kamisuwa1780200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

筑波山

今回、原田泰治美術館へ応募提出した絵画キルト作品です。
題材の「筑波山」は、ふるさとの山です。
彼女の母校の校歌にも詠われています。

南の空に とり甲(よろ)ふ
筑波の山に 比ふべき
高き操を 負い持ちて
心を清く 身もさやに
・・・

Tsukubasan1730199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

絵画キルト展

諏訪湖湖畔の原田泰治美術館で、絵画キルト展が始まりました。
原田先生の原画と
原画をキルトで表現した作品とが、並んで展示されます。
全国の絵画キルト愛好者が応募した作品です。

妻の作品も展示されていますので、表し難いのですが、
原田先生の素朴な日本のふるさとの絵もさることながら、
気の遠くなるような時間を費やし、一針一針丹精を込めて縫い上げられたキルト作品は、初めてご覧になられる方を驚かせます。

今回は開催期間が延びて、4月17日まで、すこし暖かくなる時期まで開催されています。
画像は送られてきたリーフレットをスキャンしたものです。

12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

続絵画キルト展

Harada232820
Sensei1570918
展示室の風景
作品の隣には原田先生の原画が展示されています。
表彰式の後、審査員の先生による講評会がありました。
入賞入選作品の講評に大勢の方が集まっています。
作品の制作に参考になりそうな話がたくさんあったようです。


Tennji1570911

Kohyo1570958

次は諏訪湖の風景です。
原田泰治美術館前より
宿舎より夜景
翌朝宿舎より霧の朝


Suwako232824

Suwako232829

Suwako242854

道々の風景
中央道より八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳
3千メートルでも雪をかぶっていませんと迫力がありません。


Yatsugatake232819

Kaikoma242855

| | コメント (0) | トラックバック (0)